ホーム > BBクリームコラム一覧 > 知識 > BBクリームを使った際の洗顔・クレンジングについて

BBクリームを使った際の洗顔・クレンジングについて|BBクリームの桜花媛




BBクリームの化粧落とし・メイク落としは必要?不要?



BBクリームの化粧落とし・メイク落としは必要?不要?

BBクリームの人気に火が付くと、より多くの美容成分を盛り込み、より手軽に使えることを追及して、 様々なメーカーが次々と新しいBBクリームを発売するようになりました。
その中でも最近注目されているのが、クレンジング不要のBBクリームです。
クレンジングは毛穴の奥から汚れをしっかりと落としてくれますが、
その分必要な脂分まで落としてしまったり、お肌に負担がかかってしまいます。
ですのでお肌のことを考えると、クレンジングをせずに洗顔だけの方が優しいのですが、
BBクリームは洗顔だけでキレイに落ちるのでしょうか?


BBクリームは洗顔のみで落ちる?



BBクリーム含まれる日焼け止めや化粧下地、そしてファンデーションは、油分が主な原材料となっています。 カバー力が強いBBクリームほど油分と肌色顔料が多く含まれ、毛穴やお肌の凹凸などを埋めてカバーしているのです。
油分と色素で出来ている油性マジックの落書きを水や石鹸だけで落とそうとしても、ほぼ落ちませんよね。 ところが同じ油性のもので、固まっている色素を柔らかく溶かしてあげると、石鹸でも落ちるのです。
BBクリームもメインとなる原料はマジックと似ており、油分と肌色顔料で出来ています。
それを水や石鹸だけで落とそうと思ってもはじくだけで、なかなか簡単にはおちてくれません。


クレンジング不要のBBクリームって、本当に洗顔不要なの?



クレンジング不要のBBクリームって、本当に洗顔不要なの?

ではなぜクレンジング不要のBBクリームが存在するのでしょうか。
『クレンジング不要』とうたえるからには理由はひとつ、 クレンジングをしなくてはいけない理由となる油分の配合を抑えているからです。
油分の配合を抑えれば抑えるだけ、石鹸での洗顔で落ちる可能性が高くなります。

しかしいくら油分を抑えているとは言っても、ファンデーションの役割を果たさなければBBクリームとは呼べません。
ファンデーションの要素が入っている以上、いくら油分と顔料を抑えたとしても配合をゼロにすることは不可能です。
そのため石鹸での洗顔だけでは、やはりクレンジングを使って洗顔したときに比べて汚れがお肌に残りやすくなるのです。
普通の洗顔ではある程度までは落とすことはできますが、綺麗さっぱり落とすことができません。
毛穴がつまってしまうことによって、黒ずみやニキビの原因などにもなるので、この油成分を落とす必要があります。

クレンジング不要のBBクリームと言われていても、なるべくクレンジングを使ってお肌をキレイな状態にしてあげる方が、 健康で美しい素肌に近づきます。
せっかくBBクリームを使ってお肌を守っているので、そのお肌を守るものがお肌の大敵になってしまわないように、 化粧落とし・メイク落としを行ってお手入れするようにしましょう。


BBクリームを落とすための洗顔・クレンジング方法



BBクリームはクレンジングを使って落とした方がお肌に良いのはわかりましたが、
クレンジングやW洗顔はどうしてもお肌への負担が気になるところです。
なるべくお肌に負担の少ない方法でBBクリームを落とす、クレンジングと洗顔のコツがあります。
  • クレンジング

  • BBクリームを落とすときにお勧めしたいが、ミルククレンジングです。
    ミルククレンジングは脂分を落としすぎないのでオイルクレンジングよりもお肌に優しく、
    さらりと馴染みが良いのでBBクリームの油分なら十分に浮かせて落とすことが出来ます。
    同時に乳液の成分も兼ね備えているので、保湿力が高くお肌に潤いを残したクレンジングをすることが出来ます。

  • 洗顔

  • 折角ミルククレンジングで保った潤いを逃さないために、洗顔は熱いお湯ではなくぬるま湯で行いましょう。
    熱いお湯は皮脂を溶かして落としすぎてしまうので、せっかくの潤いを逃してしまいます。
    洗顔料をたっぷりと泡立ててこすらずに洗い、ぬるま湯で優しくすすいで、タオルを押し当てるように水分を拭き取れば、 潤いを損なうことなく汚れを落とすことが出来ます。