ホーム >  BBクリームコラム一覧 > 知識 > BBクリームとは?正しい使い方や選び方、CCクリーム・ファンデーションとの違いについて徹底解説 |BBクリームの桜花媛


BBクリームとは?正しい使い方や選び方、CCクリーム・ファンデーションとの違いについて徹底解説 |BBクリームの桜花媛


BBクリームとは?正しい使い方や選び方、CCクリーム・ファンデーションとの違いについて徹底解説 |BBクリームの桜花媛


手軽にベースメイクが完成することで人気のBBクリームは、時短アイテムとして忙しい女性から支持されていますが、実はファンデーションやCCクリームとの違いがよくわからないという方も多いようです。

そこで今回は、BBクリームの特徴をはじめ、CCクリームやファンデーションとの違い、自分に合ったBBクリーム選び方、正しい使い方や塗り方などをわかりやすく解説します。



BBクリームとは?



簡単にベースメイクができるアイテムとして定着してきたBBクリームはファンデーションの1種だと思っている方も多いようですが、もともとはファンデーションとして開発されたものではありませんでした。

◇BBクリームとは


BBクリームとは、正式名称の「Blemish Balm Cream(ブラミッシュバームクリーム)」の略称です。ブラミッシュには「(美を損なうような)傷、欠点」、バームには「軟膏」という意味があることから想像できるように、もともとは外部からの刺激を受けた肌の傷を保護したり、欠点をカバーしたりするためのクリームとして作られました。

BBクリームがコスメとして日本で人気になったのは韓国で話題になったことがきっかけであることから、韓国生まれのコスメだと思っている方も多いようですが、実際にはBBクリームはドイツが発祥のアイテムです。

◇BBクリームの特徴


BBクリームの特徴といえば、何といっても1本で化粧下地やファンデーション、日焼け止めなど複数の役割を果たしてくれることが挙げられます。

そのため、メイクの時短になる優秀なアイテムとして、あるいは外出先でのちょっとしたメイク直しに使えるアイテムとして人気があり、多くの女性に使われているのです。

また、BBクリームは肌の傷を保護する目的で作られたという成り立ちから、スキンケアとしての効果も高く、肌に優しいという特徴もあります。これは、肌のトラブルに悩む女性にとっても、美肌をキープしたい女性にとってもうれしい特徴です。

BBクリームを使用するメリットについて詳しくはこちら


◇ファンデーションと何が違うの?


「BBクリームとファンデーションは何が違うの?」と疑問に思う方も多いようなので、2つの違いについて解説しましょう。

まず、ファンデーションは肌の色を変えて美しく整え、印象の変化を楽しむものですが、BBクリームはスキンケアアイテムに近い機能を持つものであるという大きな違いがあります。

BBクリームは肌のケアを重視して作られたものであるため肌に優しいのですが、ファンデーションにはさまざまな成分が含まれているため、毛穴などに詰まりやすく、あまり肌に優しいとはいえません。

ただし、ベースメイクのためのアイテムとして比較してみると、BBクリームとファンデーションの差は徐々に縮まっており、大きな違いはなくなっているといえるでしょう。

BBクリームとファンデーションの違いについてはこちらもチェック




BBクリームとCCクリームの違い





BBクリームの成り立ちや特徴についてわかったところで、CCクリームとの違いについて解説していきます。

◇そもそもCCクリームとは


CCクリームのCCは「Color Condition(カラーコンディション)」や「Color Control(カラーコントロール)」を意味しており、その言葉からわかるように肌色補正を目的として作られたアイテムです。

肌のくすみなどを飛ばして透明感のあるきれいな肌に見せてくれる効果や、肌の色ムラや毛穴などのカバー効果にも期待できます。

◇BBクリームとCCクリームの違い


ではBBクリームとCCクリームの違いは何かというと、すでに説明したとおりBBクリームは肌を保護するような役割があり、CCクリームは肌色補正をして肌をきれいに見せてくれる役割があるということです。

また、BBクリームはファンデーションとしての役割もあるため、それ1本でベースメイクが完成するのに対し、CCクリームにはファンデーションとしての役割がないといった違いがあります。
つまり、肌色を補正したいのならCCクリーム、ファンデーションとして使いたいのならBBクリームを選ぶということになります。



自分に合ったBBクリームの選び方



ベースメイクづくりの時短アイテムとして人気のBBクリームは種類が多く、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。ここでは自分に合ったBBクリームの選び方を紹介します。

◇自分が求めるカバー力で選ぶ


BBクリームは、もともと肌の傷を保護したり欠点をカバーしたりする目的で作られたものなので、カバー力が高く、シミやくすみなどの肌悩みをカバーしたい方からの人気が高いアイテムです。

ただし、商品によって仕上がりが異なるため、ツヤ感が欲しいのか、それともマットな質感に仕上げたいのかなど、自分がなりたい肌のイメージに近い商品を選ぶとよいでしょう。

また、BBクリームのカバー力も商品によって異なるため、自分がケアしたいお悩みに合わせたBBクリームを選ぶようにしましょう。例えば、薄いシミをカバーしたい方と濃いシミをカバーしたい方では求めるカバー力も異なるため、購入する前に化粧品コーナーのテスターなどで試してみることをおすすめします。

カバー力でBBクリームを選ぶ場合、ナチュラルな仕上がりが好みの方はポイントカバー用のBBクリームでサラッとしたテクスチャーのものを、徹底的に気になる部分を隠したいという方はマット系のBBクリームでコックリとしたテクスチャーのものを選ぶのがおすすめです。

◇自分の肌質・肌色に合わせて選ぶ


ベースメイクをつくるアイテムとしてBBクリームを使うなら、自分の肌質や肌色に合わせて選ぶのもおすすめです。

  • 肌質に合わせて選ぶ
  • 乾燥肌・・・保湿力が高いもの
    敏感肌・・・パラベンや鉱物油が含まれていない商品
    脂性肌・・・サラサラとしたテクスチャーの商品

自分の肌質に合ったBBクリームを選ぶことで、肌への負担を最小限に抑えることができるため、肌トラブルを予防したり、メイクが崩れにくくなったりします。

  • 肌色に合わせて選ぶ
  • ベージュ系・・・イエローベース(黄みの強い肌色)の方向け
    オークル系・・・ブルーベース(青みがかった肌色)の方向け
    ピンク系・・・疲労感が肌色に表れている方向け、イエローベースの方はコントロールカラーでバランスを見ながら使うのがおすすめ

なお、ベージュ系でも明るめのベージュと暗めのベージュのように複数の種類がある場合、色白の方は明るめの色を、色黒の方は暗めの色を選ぶとよいでしょう。

自分に合うBBクリームを選ぶなら、肌質や肌色を正しく知っておくことが大切です。お店によってはその人の肌質や肌色に合わせた商品を選んでくれるところもあるため、確認してもらうのもおすすめです。

◇値段で選ぶ


BBクリームの選び方には、値段を基準にする方法もあります。

BBクリームにはプチプラと呼ばれる低価格のものから数千円するものまで、さまざまな値段の商品がありますが、安いから悪い、高いから良いというわけではありません。自分の肌に合っていることが最も大切なことです。

「初めてだからプチプラで試してみる」という方や、「初めてだからこそ高価なものを使いたい」という方など考え方はさまざまですが、いずれにしても自分の肌に合っているBBクリームを選ぶようにしてください。

なお、BBクリームを購入する方の相場は2,000~3,000円台が多いといわれていますので、BBクリームを購入する際の参考にしてください。



正しいBBクリームの塗り方や使い方




1本でベースメイクが完成するBBクリームですが、その手軽さから正しい方法を知らずに使っている方も多いのではないでしょうか。

ここでは正しいBBクリームの塗り方と使い方、使用する際の注意点をご紹介します。

◇BBクリームを塗る際の順番


まず、BBクリームを塗る際は、スキンケアを先に行ないます。

1. 洗顔をする
2. 化粧水で肌を整える
3. 乳液で肌の保湿をする
(必要であればBBクリームを塗る前に美容液や日焼け止めを塗る)

BBクリームには美容液や日焼け止めの機能があるものとないものがあるため、事前に確認しておきましょう。

◇BBクリームの塗り方と注意点


ここからは、BBクリームの正しい塗り方と注意点について説明します。

1. スキンケアをしっかり行ない、肌を整えます。
2. BBクリームを適量手に取ります。
BBクリームのパッケージ裏などに適量が記載してあるため、その量を手にのせましょう。
3.スキンケアをした肌のおでこ・両頬・鼻・顎の5点に、手に取ったBBクリームをおきます。
スキンケアをした肌に最初に塗るのはBBクリームですが、スキンケアをしてすぐにBBクリームを塗ると肌に水分が多くヨレの原因などになります。3~5分ほど時間をおいてから塗るのがおすすめです。
4. BBクリームを肌に馴染ませます。
パフやスポンジ、ブラシなど使ってBBクリームを肌にムラなく馴染ませましょう。毛穴やシミ、ニキビ、クマなど気になる部分には二度塗りするのがおすすめです。

BBクリームの詳しい塗り方はこちらをチェック


5.最後にフェイスパウダーをのせます。 ツヤ感のある肌が好きな人はパウダーをしなくてもかまいません。肌がべたついて嫌な方はBBクリームの上に軽くフェイスパウダーをのせることで肌がサラッとマットな仕上がりになります。

BBクリームにパウダーをのせるメリットや使い方に関して詳しくはこちらをチェック




正しいCCクリームの塗り方や使い方



CCクリームを正しく使うと、簡単・きれいにメイクを仕上げることができます。ここではCCクリームの正しい塗り方や使い方、使用する際の注意点をご紹介します。

◇CCクリームを塗る際の順番


BBクリームと同様に、スキンケアを行なったあとにCCクリームを塗ります。

1.洗顔をする
2.化粧水で肌を整える
3.乳液で肌の保湿をする
(必要であればCCクリームを塗る前に美容液や日焼け止めを塗る)

4.スキンケアが完了したらCCクリームを塗る

CCクリームも、BBクリーム同様に日焼け止めの機能が入っているものもあります。日常の生活であれば塗らなくてもかまいませんが、日焼けが気になる方は、日焼け止めを塗っておくとよいでしょう。

◇CCクリームの塗り方と注意点


ここからは、CCクリームの正しい塗り方と注意点について説明します。

1.スキンケアを行なって肌を整えます。
2.CCクリームを適量手に取ります。
3.手に取ったCCクリームをおでこ・両頬・鼻・顎の5点においてから、スポンジやパフ、ブラシなどで塗ります。
スキンケアをしてすぐにCCクリームを塗ると、肌の水分量が多くヨレの原因になるため、3~5分ほどおいて塗るのがおすすめです。また、CCクリームに日焼け止めが含まれていない場合は、CCクリームを塗る前に日焼け止めを塗っておきましょう。
4.ファンデーションを塗ります。

CCクリームはシミやくすみが目立たないように肌色を補正してくれるため、正しく使えばきれいな素肌に仕上がります。ぜひ、今回ご紹介した手順や正しい塗り方・注意点を参考にしてください。



まとめ



BBクリームは1本でベースメイクが完成する時短メイクのアイテムとして人気がありますが、手軽に使えるため正しい使い方や塗り方を知らない方や、CCクリームとの違いがわからない方も多いようです。 今回はBBクリームとCCクリームの違いをはじめ、それぞれの正しい使い方や塗り方をご紹介しました。ぜひ今回の記事を参考に、自分に合ったBBクリームを選んでください。 BBクリームを使ったことがない方には、美容液・化粧下地・ファンデーション・UVカットの機能がすべて含まれている「桜花媛」のBBクリームがおすすめです。



[あわせて読みたい記事]

>> BBクリームとDDクリームの違いとは?CC・EEクリームと併せて解説!
>> BBクリームの成分の基本と安心のための確認ポイント