ホーム > BBクリームコラム一覧 > お悩み別 > ハリ > 肌の潤いとたるみとの関係性とは?

肌の潤いとたるみとの関係性とは?|BBクリームの桜花媛



肌の潤いとたるみとの関係性とは?



肌の潤いとたるみとの関係性とは?

年齢を重ねてくると、お肌がたるんでいるのが気になってきますよね。
若い頃と比べて、お肌が重力に負けてしまっているような感じがするので、鏡をみると嫌な気持ちになってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、お肌の潤いとたるみの関係性についてご紹介いたします。


肌のたるみの原因とは?



お肌のたるみの原因として、年齢だけがそのすべてではないということをご存知でしょうか。
もちろん、年齢を重ねることも、お肌のたるみの原因となってしまいます。
なぜなら、年齢とともに、お肌のハリに必要な成分の生成量が少なくなってしまうので、徐々にお肌にハリがなくなってしまい、たるみの原因となってしまいます。

しかし、これとは別に、お肌の乾燥もお肌のたるみの原因となってしまいます。
お肌の乾燥は、お肌トラブルの原因となってしまうということはよく知られていることですが、なんとお肌のたるみの原因にもなってしまいます。

さらに、お肌のたるみの原因として考えられるのは、顔の筋肉が衰えているということも考えられます。
これも加齢によって筋肉が衰えるということがありますが、若い方でも筋肉が衰えてしまって、たるんだ印象になることがあります。

日頃から表情筋をよく使って、顔の筋肉を鍛えることというのは、肌のたるみを防ぐにも、非常に重要なことになります。



肌の潤いと肌のたるみの関係性とは?



さて、乾燥がお肌の原因になってしまうということを前述しましたが、お肌の潤いとお肌のたるみには、どのような関係があるのでしょうか。
まず、お肌が乾燥してしまうと、お肌の表面を覆っている角質層が固くなってしまいます。

干からびた田んぼを想像してください。
土が乾燥してしまうと、土地がひび割れを起こして、表面が粗くなってしまいますよね。
お肌でも同じような現象が起こります。

そのため、お肌のキメが粗くなってしまい、毛穴が目立ちやすい状況なります。
毛穴が目立ってしまうと、どこかたるんだような印象になってしまいます。

また、お肌の潤いを保っている成分というのは、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった成分です。
これらの成分は、お肌の保湿剤になるのとともに、お肌にハリを与える働きも持っています。
そのため、お肌の潤いが少なくなってしまうということは、これらの成分が少なくなってしまうということになってしまうので、お肌のハリも少なくなってしまうということになります。



顔のたるみを防ぐ・改善解消するための肌の潤いケアの方法とは?



では、お肌のたるみを防いだり解消したりするためには、どのようなお肌のケアを行うようにすると良いのでしょうか。

まず、正しい洗顔を行うということです。
正しい洗顔というのは、ゴシゴシとこするように行うのではなく、優しくしっかり行うということです。

クレンジングを行う時には、力を入れずにクルクルと円を描くように行います。
洗顔の時は、しっかりと泡を立てて泡だけで洗うようにして、優しく丁寧に行います。

次に、洗顔を行ったら、素早く保湿を行います。
必ず、化粧水・美容液・乳液の順番で行いましょう。
この3工程を行うのが面倒くさいというズボラさんは、オールインワンジェルがおすすめです。この3工程は、どれ1つも省くことができません。
べたつくからといって、どれか1つを省いてしまうと、それが乾燥の原因となってしまうことがあります。

そして、食事の中でビタミンやセラミドなどが含まれたものを積極的に摂取することも大切です。
セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった成分は、お肌の外側から吸収することはあまりできません。
そのため、体の内側からしっかりとお肌まで届けることができるように、積極的にバランスのとれた栄養たっぷりの食事を行うことが大切です。

お肌の潤いを保ってお肌のたるみを解消することは、人に健康的なイメージを与える上で大切なことです。
日頃からお肌の潤いを保つことを意識して、スキンケアを行うようにしましょう。

新発売 プリンセスナイトリペア 塗って寝るだけ!保湿パック


関連コラム