ホーム > BBクリームコラム一覧 > お悩み別 > 保湿 > 肌の潤いに水を飲む・水分補給は大切?

肌の潤いに水を飲む・水分補給は大切?|BBクリームの桜花媛



肌の潤いに水を飲む・水分補給は大切?



肌の潤いに水を飲む・水分補給は大切?

お肌が乾燥する季節を迎えると、どうしても気になってしまうのがお肌の潤いです。
そんな時に、お肌の水分補給を行うのと同時に、体への水分補給も大切であると耳にすることがありますよね。
そこで今回は、お肌の潤いのために水を飲むことは大切なのかどうかについてご紹介いたします。


肌の潤いと水を飲む・水分補給の関係性とは?



お肌の乾燥が気になってくると、化粧水や美容液でたっぷりと保湿を行うという方も多いですよね。
でもそれでは間に合わないという時がありませんか?実はそれ、体の水分量が減っているからであると考えられます。
体の水分量が減ってしまうと、体全体の潤いを保つことができないので、お肌も乾燥しがちになってしまうということになります。

例えば、赤ちゃんのお肌というのは、ツルスベで潤いもありますよね。
もちもちのお肌なので、いつまでも触っていたくらい潤いが保たれています。
実は赤ちゃんの体の水分量は、80パーセント前後あると言われています。

しかしその水分量も、年齢を重ねていくうちに徐々に減少していきます。
大人の体の水分量は、なんと60パーセント前後であると言われています。
20パーセント前後も水分量が異なるので、お肌の潤い度も違って当然です。

また、体の水分量が足りないと、血液もドロドロになってしまうので、代謝も悪くなってしまいます。
代謝が悪くなると、老廃物も溜まりがちになってしまい、お肌のターンオーバーも乱れがちになってしまうので、さらに乾燥を促してしまうということがあります。
しっかりと水を飲んで水分補給を行うということは、お肌の潤いにとっても、体の健康においても非常に重要なことと言えます。



水を飲む・水分補給の摂り方・飲み方・タイミングとは?



では、どのような水分補給の摂り方をしたら良いのでしょうか。

水分補給を行うタイミングとして、最も良いとされているのが、「喉が渇く前に飲む」ということです。
喉が渇いてしまった時には、もうすでに水分が足りなくなってしまっている状態なので、遅いということですね。
よく、熱中症対策で喉が渇く前に飲んでくださいとお知らせされることがありますが、その場合と同じです。
水分は足りなくなってしまう前に補うようにしましょう。

また、水といっても、最も推奨される水というのがあります。それが、常温のミネラルウォーターです。
中でも、硬水は飲み過ぎるとお腹をくだしてしまうことがあるので、軟水がおすすめです。



水を飲む・水分補給の際のポイントと注意点



水を飲む際のポイントと注意点として、4つのことがあります。

1つ目は、朝起きた時の水分補給をしっかりと行うということです。
夜寝ている間というのは、人は意外と汗をかいているものです。それは例え、寒い季節であったとしてもです。
朝起きた時というのは、水分量が足りなくなってしまっているので、しっかりと水を飲むようにしましょう。

2つ目は、甘い飲み物を控えるということです。
普段から甘いものが好きで、ジュースなどの甘い飲み物も水分として数えているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
砂糖が多く含まれている飲み物というのは、お肌の細胞の酸化を促してしまう成分が入っており、お肌の老化を早めてしまうということがあります。
ストイックに甘い飲み物を絶つ必要はありませんが、なるべく控えるようにしましょう。

3つ目は、冷たい水ではなく常温の水を飲むということです。
冷たい飲み物というのは、新陳代謝を悪くしてしまいます。体の冷えは、代謝の大敵です。
冷たい飲み物は体を冷やしてしまうので、常温の水を飲むようにしましょう。

4つ目は、1日2リットルを目標にして水を飲むということです。
あまり飲み過ぎると、むくんでしまうということがあるので、1日2リットルを目標にして、水を飲むようにしましょう。

水をしっかり飲むということは、体全体の水分量を上げることにつながり、ひいてはお肌の潤いにつながっていきます。
お肌の潤いのためにも、あまり喉が渇いていないと感じていても、しっかりと水を飲むようにしましょう。

新発売 プリンセスナイトリペア 塗って寝るだけ!保湿パック


関連コラム