ホーム > BBクリームコラム一覧 > お悩み別 > 保湿 > 肌の保湿のしすぎによる注意点とは?

肌の保湿のしすぎによる注意点とは?|BBクリームの桜花媛



肌の保湿のしすぎによる注意点とは?



肌の保湿のしすぎによる注意点とは?

保湿は毎日のお肌のケアにおいて、非常に重要なものです。
しかし、保湿をしすぎてしまうと、逆にお肌トラブルを招くということがあります。
そこで今回は、お肌の保湿のしすぎによる注意点についてご紹介いたします。


肌の保湿のしすぎで起こる肌トラブルとは?



お肌に保湿をしすぎてしまうことによって起こるお肌トラブルとして、3つのことがあります。

1つ目は、乾燥肌を促進してしまうということです。
「え?乾燥しないように保湿をしているのに?」と驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、保湿のしすぎは乾燥につながってしまいます。

2つ目は、角質層がふやけてしまうということです。
角質層がふやけると、お肌のバリア機能が乱れてしまい、乾燥やニキビなど様々なお肌トラブルを引き起こす原因となります。

3つ目は、お肌が自分で美しくなろうとしている機能を弱めてしまうということです。
どんなお肌でも、本来、新しい細胞を作り出して、自分で美しくなろうとする機能を持っています。
それなのに、たくさん保湿をしてお肌の機能が不要な状態にしてしまうと、お肌の力が弱まってしまいます。



肌の保湿のしすぎで肌トラブルなるメカニズムとは?



それでは、どのようなメカニズムでお肌トラブルを引き起こしてしまうのでしょうか。

まず、乾燥肌を促進してしまうメカニズムです。
どんなに乾燥してしまっているお肌でも、必要な水分量というものは決まっています。
そのため、それを超えてしまうと、お肌というのは、蒸発するようにできています。
保湿をしすぎて必要な水分量を超えてしまうと、せっかく保湿したはずの水分も連れて蒸発が行われてしまうので、乾燥を悪化させてしまいます。

次に、角質層がふやけるメカニズムです。
お肌には本来、バリア機能というものを備えており、外部からの侵入を防ぐ機能があります。
お風呂に入っている時に、お風呂のお湯が皮膚から体の中に侵入するということはありませんよね。
このバリア機能を備えているのが、角質層です。
角質層ですべての水分が吸収されるのですが、保湿をしすぎてしまうと、お風呂上りのお肌のように、角質層がふやけてしまいます。

そして、お肌が自分で美しくなろうとする機能を弱めてしまうメカニズムです。
子供の頃は、何もしなくてもお肌が潤っていたという方も多いのではないでしょうか。
お肌というのは、本来、自分で潤いを保つ機能というものを備えています。
しかし、年齢を重ねるごとに、その機能は段々と弱まっていってしまうので、それを補うために保湿を行わなければなりません。
だからといって、自分で潤いを保つ機能が全くなくなってしまうわけではないので、その機能を活かすために必要な水分量をお肌に補うケアを行わなければなりません。
そのため、必要な水分量を超えて保湿を行ってしまうと、この機能を使わなくてもお肌の潤いを与えられてしまうので、どんどんと保湿機能が低下していってしまうことにもつながります。



肌の保湿のしすぎを防ぐための方法とは?



人によって、お肌の保湿ケアに必要な水分量というのは異なります。
そこで、必要な水分量を知ることによって、保湿のしすぎを防ぐことができます。

お肌の保湿のしすぎを防ぐ方法は、どれくらい保湿がされているか確かめながら保湿を行うということです。
適切な保湿がなされたお肌というのは、自分の二の腕の内側のお肌のようなお肌です。

そこで、まずは500円玉大くらいの量の化粧水を手にとって、お肌に馴染ませていきます。
馴染ませたら、二の腕の内側のお肌と比べてみて、保湿が足りないと感じたら、少量ずつ化粧水を手に取って保湿を行っていきます。
付け過ぎを防ぐために、必ず少量ずつ手に取って保湿を行っていきましょう。

どんなに保湿を行ってもお肌トラブルを改善できないという場合、保湿のしすぎが原因であることがあります。
一度、自分の保湿ケアを見直すことによって、お肌トラブルを格段に改善できる場合があるので、チェックしてみましょう。

新発売 プリンセスナイトリペア 塗って寝るだけ!保湿パック


関連コラム