ホーム > BBクリームコラム一覧 > お悩み別 > 保湿 > 肌の保湿をしないことのメリット・デメリットとは?

肌の保湿をしないことのメリット・デメリットとは?|BBクリームの桜花媛



肌の保湿をしないことのメリット・デメリットとは?



肌の保湿をしないことのメリット・デメリットとは?

女性にとって、美しいお肌を保つことは、永遠のテーマでもあります。
最近では、保湿をしっかりと行うことが、健康的なお肌を保つうえで大切であることが盛んに話題になっています。
では、お肌を保湿しなかったら、どのようなことが起きるのでしょうか。
そこで今回は、お肌を保湿しないことのメリットとデメリットについてご紹介いたします。


肌の保湿をしないことのメリットとは?



「保湿」といえば、その方法は化粧水をつけたり、美容液をつけたりすることです。

女性の日常の中にあって、保湿はお肌の状態を保つために必要な習慣です。
しかし、保湿をしない方がお肌は綺麗になることもあります。

お肌の保湿をしない最大のメリットは、お肌の機能をフル活用できることです。
本来、お肌はターンオーバーを常に行っているので、自分で綺麗になる力を持っています。
しかし、保湿をしていると、自分で力を発揮しなくてもお肌が潤います。
そこで保湿をしないようにすることによって、本来の力を引き出すことができ、保湿をしているときよりも美しいお肌を手に入れることができます。

どんなにお肌に良いものであっても、お肌にとっては本来必要のないものなので、化粧水や美容液は「異物」です。
そのため、それを何十年も繰り返すと、お肌の負担となります。 そこでお肌を保湿しないことによって、その負担を減らすことができます。



肌の保湿をしないことのデメリットとは?



しかし、お肌を保湿しないことのデメリットももちろんあります。
それは、お化粧ができなくなることです。

お肌の保湿をしないということは、お肌を乾燥させてしまう洗顔フォームやクレンジング剤を使っての洗顔ができなくなります。
それらを使って洗顔ができないということは、それらを使ってでしか落とせないお化粧ができないということに直結します。

お化粧品を全く使えないとなると、女性にとっては死活問題である場合もあります。
さらには、日焼け止めクリームなども使えないことになるので、「お肌が綺麗になっても日焼けしたら意味ない!」と思う方にとっては、有効ではありません。
したがって、お肌を保湿しないお肌のケアは、お化粧をする女性にとっては、現実的ではないのが一番のデメリットであると言えます。



肌の保湿をする・しないの見極め方とは?



では、お肌の保湿をした方が良いのか、それともしない方が良いのか、どのようにして見極めたら良いのでしょうか。
それは、お化粧をするかどうかが見極めのポイントになります。

特にお化粧をしない方の場合、お肌についた汚れや皮脂は、ぬるま湯で洗うだけで十分に落とすことができます。
そのため、必要な皮脂まで洗い流してしまうことはないので、保湿をしなくても良いことになります。

しかし、お化粧をする方の場合、お肌にお化粧が残ってしまうと、それがお肌トラブルの原因となるので、しっかりと洗い流さなければなりません。
お化粧はぬるま湯だけで落としきるのは難しいので、洗顔料を使う必要があります。
洗顔料を使うと、どうしてもお肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、保湿が必要となります。

普段はお化粧をする方でも、休日などでお化粧をしない日などは、保湿をしなくても良いことになります。
あえて特別な保湿ケアをせず、自然な状態で過ごすことによって、お肌のバリア機能を高めることにつながることもあります。
ただし、人によってお肌の状態や室内の乾燥状態も異なるので、一概には言えません。

保湿をしないことはお肌の機能を高めることにつながります。
しかし、お化粧をするなどの場合によっては、逆効果になることもあるので、保湿をしないお肌のケアが合うのかどうかについては、自分に合った判断をしていくことが必要になると言えるでしょう。

新発売 プリンセスナイトリペア 塗って寝るだけ!保湿パック


関連コラム