ホーム > BBクリームコラム一覧 > 知識 > 肌の潤いパック・保湿パックの効果と種類

肌の潤いパック・保湿パックの効果と種類|BBクリームの桜花媛



肌の潤いパック・保湿パックの効果と種類



肌の潤いパック・保湿パックの効果と種類

毎日のスキンケアの中で、特にお肌を潤わせたいとき、パックを使う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 最近では、プチプラで毎日使える保湿パックもドラッグストア等で購入できますよね。 しかし、肌の潤いパック・保湿パックを使うのは良さそうだけど、どんな効果があるか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、お肌の潤いパック・保湿パックの効果と種類についてご紹介いたします。


肌の潤いパック・保湿パックの効果とは?



お肌をパックすることによってえられる効果といえば、第一にお肌への潤い効果です。
シートパックには、自分でスキンケアする際に使用する化粧水や美容液よりも多くの量が、染み込んでいます。 そのため、それらが多く含まれたシートパックをお肌につけることによって、普段よりもたっぷりの保湿剤をお肌に与えることができ、潤いを与えることができます。

第二の効果としては、お肌のハリを取りもどすことができるようになります。
お肌は乾燥すると、ひからびた野菜のように、シワが増えやすい状態になります。
そこで、お肌にパックをすることによって、潤いを与えることができ、お肌に
ハリが出てきます。




肌の潤いパック・保湿パックの種類とそれぞれの
  特徴・メリット



今日では、様々なタイプのお肌のパックが販売されています。
その中でも主なものとして、4つの種類があります。

・シートタイプの保湿パック
女性なら誰もが一度はシートタイプの保湿パックを使ったことがあるのではないでしょうか。 それくらい、シートタイプのパックはパックの種類の中でも王道とされるパックです。 顔の形をしたシートパックを顔につけることによって、美容液をお肌に染み込ませることができます。 洗い流さなくて良いので、忙しい方でも簡単にできるのがメリットです。

・クリームタイプの保湿パック
クリームをたっぷりお肌につけることによって、パックをすることができます。 シートタイプのパックは水分が多めであるのに対して、クリームタイプのパックは適度な油分もあるので、蒸発を防ぎながら保湿ができるのがメリットです。

・クレイパック
クレイパックは、いわゆる、泥パックというものです。 パックが終わったら洗い流さなければならないひと手間が必要ですが、お肌がしっとりするだけでなく、リフトアップ効果もあり、毛穴も綺麗になるのがメリットです。

・はがすタイプの保湿パック
お肌につける際には、クリーム状になっていますが、乾いたらはがせるようになっているパックです。 化粧水と美容液でお肌を整えた後に行うと、しっかりとそれらをお肌の中に押し込めてくれるので、お肌が潤います。
さらに、はがすときに洗い流せてなかった古い角質まで取り除いてくれるので、お肌のくすみが改善されます。




肌の潤いパック・保湿パックを利用する際のポイント・注意点とは?



お肌の潤いを保つためにパックを行う場合、1つだけ注意点があります。
それは、それぞれのパックに表記されている使用方法をきちんと守るこということです。

例えば、シートタイプのパックを使って、より美容液をお肌に浸透させたいからといって、表記されている時間よりも多い時間でパックをすると、お肌に潤いを与えるどころか、乾燥を促すことがあります。 さらに、本当は1週間に1回程度行うパックなのに、毎日行ってしまうと、お肌に余分な脂分がたまってしまい、お肌トラブルの原因となることがあります。

パックを行うことは、お肌に潤いを与える観点からいうと、正しい使い方さえすればとても良いことです。 お肌の乾燥が気になる方、お肌の保湿を考えている方は、一度パックをしてみると良いでしょう。

新発売 プリンセスナイトリペア 塗って寝るだけ!保湿パック


関連コラム