ホーム > BBクリームコラム一覧 > お悩み別 > 保湿 > 肌の保湿の為のラップパックの方法・やり方

肌の保湿の為のラップパックの方法・やり方|BBクリームの桜花媛



肌の保湿の為のラップパックの方法・やり方



肌の保湿の為のラップパックの方法・やり方

お肌の保湿の為に、パックをしたいけれど、できれば自宅で簡単に効果的な方法で行いたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方におすすめのパックの方法が、ラップパックです。

しかし、ラップパックと聞いてもやり方がわからない方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は、お肌の保湿の為のラップパックの方法・やり方についてご紹介いたします。



ラップパックってなに?効果・メリットとは?



ラップパックとは、どこのご家庭にでも常備してあるラップを使ってパックすることを言います。
とても簡単なので、愛用している方も多いです。

ラップパックの効果は、保湿効果が高まるということです。
なぜ保湿効果が高まるのかというと、スキンケアを行った後にラップパックを行うと、スキンケア用品の成分が蒸発するのを防げるからです。
そのことによって、よりしっかりとお肌に成分を浸透させることができ、いつもよりも、もちもちで潤いのあるお肌になれます。

ラップパック最大のメリットは、経済的であることです。
一口に「パック」といっても様々なパックがありますが、ラップはどこのご家庭でも常備してあり、費用もそんなにお高くありません。
そのため、美容にお金をかけられない方でも簡単にできるのが、ラップパックのメリットです。



肌の保湿の為のラップパックの方法・やり方



ラップパックは、ただラップでお肌を包み込んでも、高い効果をえられません。

ラップパックの正しいやり方としては、まずお風呂上りに行いましょう。
お風呂に入った後は、水分が蒸発しやすくなっています。
そこでラップパックを行うことで、その蒸発を防げます。

お風呂から上がったら、いつも通りのスキンケアを行います。
化粧水をしてから美容液を行い、乳液をつけます。
その後、ラップを顔に貼ります

ラップの貼り方としては、一枚をそのまま貼ると息がしづらいので、何枚かに小分けしたものを貼ります。
5枚くらいに小分けすると、顔のパーツに分けて貼れるので、おすすめです。

5分から10分ほどラップパックを行ったら、ラップを剥がしましょう。
汗をかくかかかないかくらいの時間で剥ぐのがポイントです。
汗をかいてから剥ぐと、汗と一緒に保湿成分や美容成分が流れ出てしまうので、逆効果になります。



ラップパックを行う際のポイント・注意点とは?



ラップパックを行う際に注意していただきたいポイントとして、2つのことがあります。

・お肌の状態によってはラップパックを控える
敏感肌の方やニキビ肌の方、アトピーなどのアレルギーのある方は、ラップパックを行わないことです。
ラップパックはお肌の乾燥が気になる場合にのみ使えるパックです。
お肌トラブルのある方がラップパックを行うと、ラップという異物をお肌につけていることから、それがお肌への刺激となって、お肌トラブルを悪化させる恐れがあります。

・長時間のラップパックはしない
ラップパックを行う際は、長時間ラップを貼らないようにしましょう。
ラップパックをする時間は、長くても10分程が目安となります。
より高い効果を得たいからと、長時間ラップパックをしてしまう方もいらっしゃいますが、長時間ラップを貼ると、せっかくお肌トラブルのなかったお肌に、ニキビなどの肌荒れを引き起こす原因となることもあるので注意しましょう。


ラップパックは正しいやり方で行いさえすれば、もちもちのお肌を簡単に手に入れられる方法のひとつです。
お風呂に入った後、寝る前に行えば、次の日の朝までもちもちの肌が続き、メイクの乗りもよくなるので、気になる方はやってみてください。

新発売 プリンセスナイトリペア 塗って寝るだけ!保湿パック


関連コラム