ホーム > BBクリームコラム一覧 > お悩み別 > 保湿 > 日焼けした肌の保湿方法とは?

日焼けした肌の保湿方法とは?|BBクリームの桜花媛


日焼けした肌の保湿方法とは?

「うっかり日焼け止めを塗るのを忘れて日焼けをしてしまった!」ということや、「日焼け止めを塗っていたけれど日焼けをしてしまった!」というような経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
「日焼けをしたら保湿が大事」と言われますが、実際にどのように保湿をしたらよいのか悩むところですよね。
そこで今回は、日焼けをしたお肌の保湿方法についてご紹介いたします。



■日焼けした肌を保湿することの重要性とは?



なぜ、日焼けをしたお肌に保湿をしなければならないのでしょうか。
日焼けをしたお肌というのは、紫外線によるダメージを受けており、急激に乾燥しやすい状態となっています。
そのため、保湿をしないままでいると、肌の乾燥が促されやすくなるだけではなく、シミができやすくなったり、シワができやすくなったりします
これらを防ぐためには、日焼けしたお肌にしっかりと保湿を行い、潤いを与えることが重要になります。



■日焼けした肌を保湿する為の上手な保湿方法とは?



日焼けをしたお肌を保湿する方法としては、まず、日焼けしたお肌を冷やすことから始めましょう。
少しの日焼けであったとしても、お肌は軽い火傷をしている状態です。
見た目にはそうでなくても、お肌の中には熱がこもっているので、それをクールダウンさせるために、日焼けした部分を冷やしましょう
冷やし方は、冷水シャワーを当てるのでも良いですし、保冷剤をタオルにくるんで当てるのでも良いでしょう。

お肌をしっかりと冷やしたら、低刺激な化粧水を使って保湿を行いましょう。
現在ではドラッグストアなどでも日焼けしたお肌に使える化粧水が販売されているので、そのような化粧水を使うのがベストです。 できるだけたっぷりの化粧水を使って、お肌に潤いを与えてあげましょう

もし化粧水を塗ってお肌がヒリヒリするような状態であれば、化粧水を塗るのをやめて軟膏を塗りましょう。
ヒリヒリするのに化粧水をたくさん塗ってしまうと、さらなるお肌の炎症を引き起こすことに繋がりかねません。
お肌がヒリヒリする場合には、火照りが抜けるまで軟膏を塗って保護をし、お肌を冷やすことに重きを置いてください。



■日焼けした肌を保湿する際のポイント・注意点とは?



日焼けをしたお肌を保湿する場合、どうしてもすぐに美白成分の入っている化粧水で保湿をしたくなってしまいます。
しかし、美白成分の入っている化粧水は、日焼けをしたお肌には刺激が強すぎると言えます。
そのため、日焼けをしたお肌を保湿する場合には、まずは美白成分に特化していない、一般的な化粧水を使って行いましょう。

美白成分の入っている化粧水を使うタイミングとしては、お肌の潤いが取り戻されてからです。
できれば、日焼けをした次の日以降に使うのが望ましいです。
日焼けをしたお肌が潤いを取り戻したら、美白化粧水を使いながら、ビタミンのたっぷり入った食品を積極的に摂取しましょう

日焼けをしたお肌は、メラニン色素が活発になりやすい状態です。 そこで内側と外側から抗酸化作用のあるものを取り入れることで、浅黒くなるのを防げます。
また、お肌に潤いを与えるために、普段より水を多めに飲むことを意識することも大切です。


日焼けをしたお肌は、非常にデリケートな状態です。
日焼けをした後は「いつものスキンケアの保湿」を行うのではなく、お肌の状態を気にしながら、お肌に潤いを与えることが大切です。


新発売 プリンセスナイトリペア 塗って寝るだけ!保湿パック


関連コラム