ホーム > BBクリームコラム一覧 > お悩み別 > 保湿 > 肌の潤い・保湿ミスト(スプレー)の上手な使い方

肌の潤い・保湿ミスト(スプレー)の上手な使い方|BBクリームの桜花媛


肌の潤い・保湿ミスト(スプレー)の上手な使い方

お肌の潤いを保つためには、小まめに保湿を行うことが大切です。
小まめに保湿を行えるアイテムとして、スプレータイプの保湿ミストがあります。
しかし、いまいち上手な使い方が分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、スプレータイプの保湿ミストの上手な使い方について、ご紹介いたします。



肌の潤い・保湿ミスト(スプレー)の特徴とメリット・デメリットとは?



スプレータイプの保湿ミストの特徴は、外出先でも手軽に保湿できることです。
メイクをしている上からでも、顔に吹きかけて保湿できるので、愛用している方も多いです。

スプレータイプの保湿ミストを使うことには、メリットとデメリットがあります
まず、メリットは、すぐに化粧水を顔につけることができることです。
外出をしていると、家でスキンケアを行うときのように、しっかり保湿をすることはできません。
そこで、スプレータイプの保湿ミストを使うことで、メイクをしている上からでも保湿ができます

良いことしかなさそうなスプレータイプの保湿ミストですが、デメリットもあります。
それは、乾燥を促すことです。
「保湿しているのに乾燥するの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、保湿ミストの中に入っている成分が化粧水だけだと、過乾燥を促します。
なぜかというと、化粧水だけだとお肌から蒸発しやすく、化粧水が蒸発する際に、元々お肌にあった水分までも一緒に蒸発してしまうからです。



肌の潤い・保湿ミスト(スプレー)の上手な使い方



スプレータイプの保湿ミストのデメリットを知ると、「じゃあ使わない方が良いのでは?」と思ってしまうところですが、上手な使い方をすることで過乾燥は防げます

スプレータイプの保湿ミストを使うときの上手な使い方の行程は、まず、乾燥したなと思ったら、スプレータイプの保湿ミストをお肌に吹きかけます
次に、温かい手のひらで吹きかけたお肌をプレスします
お肌を抑えるようにしてプレスすることで、保湿ミストがお肌に浸透していきます

そして、その上からお化粧直しをしましょう。
お化粧直しをすることで、保湿ミストが蒸発しないように蓋をすることができます



肌の潤い・保湿ミスト(スプレー)を使う際のポイント・注意点



お肌の潤いを保つためにスプレータイプの保湿ミストを使う場合、4つのポイントと注意点があります。

1つ目は、保湿成分がたっぷりと入ったスプレータイプの保湿ミストを選ぶことです。
一口にスプレータイプの保湿ミストといっても、様々なメーカーから様々な種類のミストが販売されています。
その中から良いものを選ぶためには、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなど保湿成分が含まれたものを選びましょう。

2つ目は、アルコールが含まれていないものを選ぶことです。
どんなに保湿成分が含まれていてもアルコールが含まれていると乾燥しやすいと言えます。
保湿ミストを選ぶ際は、アルコールフリーのものを選びましょう。

3つ目は、スプレータイプの保湿ミストをつけて手のひらでプレスする際には、清潔な手のひらで行うことです。
雑菌がついていると、お肌トラブルの原因となります。必ず洗った手で行いましょう。

4つ目は、スプレータイプの保湿ミストをつけたら、必ずお化粧直しを行うことです。
もちろん、手のひらでプレスしたことによって、蒸発しにくい状態にはありますが、それでも全く蒸発しないわけではありません。
より蒸発を防ぐためにも、スプレータイプの保湿ミストをつけたら、お化粧直しを行いましょう。


スプレータイプの保湿ミストは、上手な使い方さえすれば、日頃から保湿をするうえで重要な役割を果たしてくれます。
小まめに保湿を行うことでお肌の潤いは保てるので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。


新発売 プリンセスナイトリペア 塗って寝るだけ!保湿パック


関連コラム