ホーム > BBクリームコラム一覧 > お悩み別 > ハリ > 肌のハリが衰えてたるみができてしまう原因と対策

肌のハリが衰えてたるみができてしまう原因と対策|BBクリームの桜花媛


肌のハリが衰えてたるみができてしまう原因と対策

年齢を重ねてくると、お肌の衰えが気になってくるのではないでしょうか。
「なんとなくたるんでいる」と、ついつい鏡とにらめっこをすることもありますよね。
若い時ほどでなくても、少しでもたるみを解消したいと思うものです。
そこで今回は、お肌のハリが衰えてたるみができてしまう原因と対策についてご紹介いたします。



肌のハリが衰えてたるみができてしまう原因・要因とは?



お肌にたるみができる原因の主なものとして、以下のような4つのことがあります。

  • お肌の乾燥
  • 乾燥はお肌トラブルを引き起こす最大の原因です。
    お肌が乾燥すると、カピカピになってハリは失われますし、新陳代謝も悪くなるので、たるみの原因となります。
    乾燥は単純に空気が乾燥していることによって引き起こされるのではなく、紫外線を多く浴びることでも起きます。

  • ストレス
  • ストレスは精神的なものなので、お肌にあまり関係がないように感じますが、そんなことはありません。
    ストレスを受けると、自律神経が乱れるので、身体の機能の様々な部分が正常に働かなくなります。
    それによって新陳代謝も悪くなるので、お肌のターンオーバーも乱れがちになり、お肌にたるみができます。

  • 睡眠不足
  • お肌のゴールデンタイムというのをご存知でしょうか。
    22時から2時までの間に睡眠をとると、美しいお肌が手に入るというものです。
    つまり、睡眠をちゃんととるべきということですね。
    睡眠をしっかりとることによって、お肌のターンオーバーは促されます。

  • 栄養不足
  • お肌のハリは、様々な栄養によって支えられています。
    中でも、コラーゲンやたんぱく質、ビタミンなどはお肌のハリを保つために重要な栄養素です。
    それらを身体の中に取り込むためには、栄養バランスのとれた食事をすることが必要です。
    栄養の足りない食事ばかりを摂っていると、お肌へ栄養を回せずに、たるみの原因となります。



肌のたるみの種類にはどんなものがある?



一口にお肌のたるみといっても、その種類は3つあります。