ホーム > BBクリームコラム一覧 > お悩み別 > 保湿 > 昼間・日中の肌の保湿方法と対策

昼間・日中の肌の保湿方法と対策|BBクリームの桜花媛



昼間・日中の肌の保湿方法と対策



昼間・日中の肌の保湿方法と対策

夜寝るときには、入念に保湿を行う方も多いのではないでしょうか。
メイクオフして洗顔をした後は、乾燥しやすいので特に保湿が気になりますよね。
しかし、昼間や日中の乾燥も気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、昼間・日中のお肌の保湿方法と対策についてご紹介いたします。


昼間・日中に保湿をすることの重要性とは?



人の活動は、夜は寝て日中は働くというように、時間によって様々な動きをするため、お肌も夜と昼間では状態が異なります。
そのため、昼間や日中でも保湿を気にすることが重要です。

昼間の保湿が重要な理由として、3つの理由があります。

1つ目は、昼間は乾燥しやすいからです。
エアコンの効いた室内は、乾燥しがちです。
そのため、いくら朝に入念に保湿をしてメイクをしてきても、お肌は乾燥してしまいます。

2つ目は、紫外線からお肌を守るためです。
日中、お仕事やお買い物なので外出をすると、どうしても紫外線を浴びることになります。
乾燥したお肌は、紫外線へのバリア機能が弱くなっています。
そのため、そのままでいると、お肌トラブルを引き起こしやすい状態になってしまいます。

3つ目は、活性酸素からお肌を守るためです。
昼間はメイクをしている女性も多いでしょう。
ところが、メイクをしているのにお肌が乾燥したままでいると、活性酸素を発生させやすい状態になります。
活性酸素はお肌を老化させる原因となるので、しみやしわを引き起こします。



昼間・日中の肌の保湿方法・保湿対策とは?



日中の保湿といっても、そんなに夜や朝ほど、昼間に保湿をする時間がないという方も多いのではないでしょうか。
日中に仕事をしている方であれば、お昼休みの間くらいしか時間がとれないので、メイク直しの延長で手早くしたいところですよね。

まず、昼間に保湿を行う場合、余分なお肌の脂分をオフしましょう。
ティッシュを使ってオフすると、必要な脂までとられることがないので、おすすめです。

次に、オールインワンジェルを使って保湿をしていきましょう。
オールインワンジェルには保湿剤も入っていれば、美容液、乳液、クリームも入っているので、時短できます。

そして、その上からメイク直しをしましょう。
メイクの方法は人によって異なるところでしょうが、最後には必ずUVカットのできるフィニッシュパウダーをはたくのがおすすめです。
そうすることによって、日中に浴びる紫外線をカットできますし、メイク直ししたメイクをよれにくくしてくれます。



昼間・日中の肌の保湿をする際のポイント・注意点とは?



昼間・日中にお肌の保湿を行う際のポイント・注意点として、3つのことが挙げられます。

1つ目は、日中にお肌の保湿を行ったら、必ずメイク直しも一緒に行うことです。
朝、メイクをした状態で仕事場に行き、昼間に保湿を行うと、ベースメイクはほとんどとれています。
そのため、そのままでいるとすっぴんのような状態でいることになりますし、紫外線をカットできないので、日焼けをする恐れがあります。

2つ目は、外出前に行うことです。
仕事をしている方でも、会社の外へランチに行く機会もあるのではないでしょうか。
そんな場合には、保湿を行ってメイク直しをしてから外出した方が良いです。
メイクは、人に綺麗にみられるためだけにするのではなく、お肌を守る意味合いもあります。
乾燥したままのお肌で外出すると、よりお肌にダメージを与えるので、保湿&メイク直しを行ってから外出しましょう。

3つ目は、お肌の脂をオフする際には、あぶらとり紙は使わないことです。
あぶらとり紙は、お肌の脂をとるのに優れた紙なので、必要な皮脂までとってしまったり、よれたメイクをオフできなかったりします。
そこで前述したように、ティッシュでオフするのが良いです。


昼間・日中の保湿は見落とされがちですが、実は大変重要なものです。
メイク直しをする際には、保湿も一緒に行ってからするようにしましょう。

新発売 プリンセスナイトリペア 塗って寝るだけ!保湿パック


関連コラム